太ももやせの仕組み

いくら頑張ってダイエットしていても、なかなかやせてくれない部位のひとつが「太もも」です。体重は落とすことができても、なかなかサイズダウンしてくれない太もも。なのに、太ってしまったときは真っ先にサイズアップしてしまうのも太ももです。一体どうしたらいいのでしょうか。まず、太ももやせの仕組みについてご紹介しましょう。

太ももが太くなる原因は、実はひとつではありません。太ももを細くするためには、自分の太ももが太くなっている原因を知ることが大切です。太ももの脂肪を、指でつまんで掴むことができる状態であるという方は、脂肪が原因となります。そのため、足についている脂肪を落とすことで、太ももは細くなります。太ももを指などで押したとき、皮膚に跡がついたまましばらく戻らないような場合、むくみが太もも太りの原因である可能性が高いです。この場合、太ももにたまった老廃物を流したり、代謝を良くさせるということが必要になります。

いくら運動をしてもなかなか太ももが細くならないという方は、筋肉太りの状態になっている可能性があります。太ももには大きな筋肉がついており、それは運動などによって肥大化しやすい筋肉となっています。特に過去にスポーツをしていたという方は、この筋肉が発達しやすい体質になっていますから、エクササイズの方法をチェンジし、筋肉の質を変えていく必要があります。

このように、太ももが太くなっている原因は様々なので、細くする方法も、細くなっていく仕組みも様々です。ここでは、自分のタイプに合わせた太ももやせの方法について、ご紹介していきます。